門脇 由佳
Yuka Kadowaki
2007年入社
高校 卒
クラッチグループ カバーチーム
齋藤 綾
Aya Saito
2008年入社
高校 卒
クラッチグループ ディスクチーム

職場のみんなが仲良し! 山形クラッチでずっと働きたいな

どんなお仕事をしていますか?

門脇
プレスカバーの組み付けを担当しています。コツコツ作業できるのが楽しいので、すごく私に合っている仕事です。

齋藤
私は去年まで事務系の仕事をしてたんです。でも、もともと現場で働きたかったので、配置転換の希望を出して、今年からクラッチディスクの組み付けをしています。
風通しの良い職場だし、みんなの仲も良いから仕事がしやすいです。


失敗談を教えてください!

門脇
入社してすぐの時、作業中の失敗で、大きな音を出して機械を壊してしまいました。すごい音でしたよ。バァーン!って(笑)
そのときみんなが「怪我はないかー? 無事かー?」と心配して駆けつけてくれたんです。機械を壊しちゃったし、クビになるかもってすごく不安だったのに、「機械はいつか壊れる」「誰にでも失敗はあるから」って、誰一人怒らなくて、私のことだけを気遣ってくれました。
正直、すごく感動しました。いい会社入ったなぁって。でもそれに甘えちゃいけないと思うし、二度と同じ失敗はしない!って強く思いました。

齋藤
続いて私も懺悔です。
私は、図面を読み間違えて、違う部品を組みつけてしまいました。型の方に部品が入らなかったら間違いに気づけるんですけど、このときは型にも入っちゃったから気づかなくて、十数点ほど流してやっと気づいたという状況でした。
あと、部品に印字するのを忘れて上司に探させたりとか、いろいろやらかしてます。「みんな失敗してるから大丈夫だよ」って声をかけてもらうんですけど、むしろそっちの方が堪えますよ。
だから、「もっとしっかり確認しなきゃ」ってものすごく強く思うようになりました。あ、機械はまだ壊してないですけどね!(笑)


入社のきっかけを教えてください

2人
自宅から近いこと!
土日が休みで、お盆とお正月の長期休暇が長いこと!

門脇
会社見学のときに、実際の現場に女性が沢山いたのを見かけて、「これなら私にもできそう!」って思えたことです。

齋藤
お給料なんかの待遇面も良かったんですよ~(笑)。

門脇
通勤は自動車で15分くらい。きちんと休みも取れるから、オン・オフの切り替えもできて助かります。
私は、結婚しても子どもを産んでも長く働いていきたいタイプなので、この会社だったら大丈夫だろうなっていうのは結構大きなポイントですね。
正直、「クラッチって何」って感じだったんですけどね。友達には、「クルマの部品つくっている」とか、「トヨタ系」とか説明するようにしてます。


山形クラッチのどんなところが好きですか?

門脇
毎年、社員旅行があるんですけど、他の部署の人たちと交流ができるし、気分転換になるし、なにより楽しいです!普段は仕事で接しない人たちとお酒を飲んだりしています!2016年は、園田社長のたっての希望で、箱根の温泉に1泊2日で行ってきました。

齋藤
私も毎年、旅行に参加しています。東京に行ったときはスカイツリーにも登りました。箱根で食べた温泉卵、美味しかったな~

門脇
どんなに仕事ができても、上司も同期も後輩も、人間関係がうまくいかないと会社に来たくないと思うので、やっぱり人との付き合いが一番大事だと思います。その意味で、私はこの会社が好きですね!

齋藤
最初は全然ついていけなくて、もうムリだと思ったこともありました。でも、だれでも最初はできない時がある!と思って我慢して頑張ってたら、だいたいはできるようになってきました。自分が「できるようになってる!」、って実感できるのがなにより楽しいです!